冬場を越えて急成長を遂げた。昨秋の兵庫県新人大会では目立たなかった水金が2冠を達成。男子共通1500メートルは残り1周でライバルの仕掛けに対応し、最後の直線で逆転。勝負強さが光った。  昨春、日体...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)