東北楽天は終盤に追い付き、延長十二回を戦った末に引き分けた。1-3の八回2死二、三塁から銀次の左前適時打で同点とした。先発塩見貴洋は6四球と制球に苦しみながらも七回途中まで3失点の粘投。救援した石橋...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)