「やってくれる」。二走植村元紀は塁上で確信していた。三回2死一、二塁。打席は主将林中勇輝。甲子園にめっぽう強い頼れる男の一振りで、虎の子の1点をもぎ取った。  「(エース)山崎颯一郎の立ち上がりが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)