四国電力の佐伯勇人社長は25日、愛媛県伊方町を訪れ、運転開始から来年で40年となる伊方原発1号機(56万6千キロワット)の廃炉決定を山下和彦町長に報告した。併せて、伊方3号機の7月下旬の再稼働を目指し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)