主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を5月に控え、警視庁は24日、東京都江東区で、機動隊やSP(警護官)、不審な小型無人機を捕獲する「迎撃ドローン」の操縦部隊などが参加する千人規模の警備合同訓練を実施し...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)