三回には、右前適時打で先制点を奪い、3点を追う八回にも流れを呼び込む左中間を抜ける適時打を放った。2安打2打点と主軸の仕事をこなした代理の4番は「先輩が緊張をほぐしてくれたおかげ」と感謝を口にした。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)