三回裏、無死満塁のピンチを迎えた。「1点を取られることは覚悟した」と振り返る。マウンドの早川隆久投手(三年)に向かって「(走者を)気にせず、攻めてこい」と大声で呼びかけ、ミットを構える。エースは3奪...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)