40人が出場したなぎなた男子個人は報徳の坂上がベスト4に入った。決勝には届かず、「もう一つ上にいきたかった」と悔しがった。  相手の隙を突く戦い方が光った。本来は踏み込んで面を打つのが得意のスタイ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)