テンポのいい攻めを演出したのは司令塔のガード山本柊輔。複数の選手のゴールを引き出し「みんなを満遍なく生かせたし、自分も生きることができた」と誇った。  筑波大ではベンチスタート。シックスマン(6番...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)