時折吹く北風に選抜校の旗をなびかせながら、春の陽光が輝く聖地をリラックスした表情で踏み締めた。憧れの甲子園での開会式について、秀岳館の九鬼隆平主将は「行進は練習の成果もあって、ちょっとはうまくできた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)