陸上の20キロ競歩のリオデジャネイロ五輪代表最終選考会を兼ねた全日本競歩能美大会は20日、石川県能美市日本陸連公認コースで行われ、男子は20歳の松永大介(東洋大3年)が1時間18分53秒で優勝し、初...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)