二〇二〇年の東京五輪の種目にサーフィンを追加して外房で開催しようと、一宮町が力を入れている。町をアピールする「ふるさと大使」をつくり、第一号に地元出身のプロサーファー大原洋人(ひろと)さん(19)を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)