警戒すべき時間帯での失点が最後まで響いた。  前半ロスタイム、中盤から前線にパスを出そうとしたMF三田が名古屋の田口にボールを奪われた。これを起点に素早いカウンターを仕掛ける名古屋に、仙台守備陣は対...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)