京都府亀岡市で2012年4月、集団登校中の児童らに車が突っ込み、10人が死傷した事故で、遺族が運転者の元少年ら計11人に計約2億2千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は18日、元少年ら5人に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)