昨年12月に中央体育館であった国際ボクシング連盟女子ミニフライ級王座決定戦で判定勝ちした多田悦子選手(34)が17日、久元喜造市長を表敬訪問し、世界王座の奪還を報告した。  多田選手は兵庫県西宮市...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)