韓国軍合同参謀本部によると、18日午前5時55分ごろ(日本時間同)、北朝鮮西部の平安南道粛川付近から弾道ミサイル1発が発射された。ミサイルは約800キロ飛んで東方の日本海に落ちたもようで、中距離弾道ミ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)