スキー客ら15人が死亡した長野県軽井沢町のバス転落事故で、県警は17日、現場で同型バスを走らせて実況見分した。下り坂での速度の出具合など、得られた結果を事故車両の運行記録計(タコグラフ)のデータなどと...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)