谷元が無失点投球を続けている。八回に6番手で登板し、先頭を自らの失策で出塁させた。犠打と暴投で二死三塁のピンチを招いたが、顔色一つ変えず後続を二ゴロに打ち取り、切り抜けた。「真っすぐのコントロールが...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)