道産米「ゆめぴりか」に続く新品種の開発を目指す北海道立総合研究機構上川農業試験場(上川管内比布町)が3月15日、人工交配して温室で育てた稲の刈り取りを行った。稲は、道南農試(北斗市)が2年かけて収量...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)