日銀の黒田東彦総裁は15日、金融政策決定会合後に記者会見し、マイナス金利政策が預金金利の低下などを招き、人々の生活不安を高めていることに関し、金利低下は「国民生活に幅広いプラスをもたらす」と反論した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)