3月11日14時46分。平沢大河内野手は一塁側ベンチ前で帽子を取り、目を閉じていた。1分間続いた黙とうが終わった。5年前のあの日。決して忘れてはいけない出来事を胸に刻み、またボールを追いかけた。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)