リオデジャネイロ五輪の開幕(8月5日)まで5カ月を切った。日本とブラジル。1908年に始まった移民事業で東北地方からも戦後4864人が渡り、結びつきは強い。現地に住む出身者や家族、知人などにスポーツ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)