■床運動トップ選手に成長  昨年6月の全日本体操種目別選手権。県内の男子高校生で初めて出場した鳥栖工の小畠廉生は、床運動予選で15・350点を出し2位につけた。一学年上の白井健三(日体大)らは別枠...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)