伝統の重みが背中を押した―。13日行われたリオデジャネイロ五輪女子マラソン代表の最終選考会・名古屋ウィメンズマラソンに挑んだ倉敷市出身の小原怜選手(天満屋)。チームにとって5大会連続マラソン代表の夢...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)