清水は前半から決定機を量産し、後半終了間際には竹内、村田と途中出場の選手が決定的なシュートを放った。台本通りに進めたが14本のシュートを決められなかった。大前主将は「完全に自分たちの試合だった」と勝...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)