東日本大震災後、余震や東京電力福島第1原発事故の影響を恐れ、サッカーJリーグの外国人選手が相次いで日本を去った。J1仙台のFWウイルソン選手(30)は、震災の影響が色濃く残る2012年に入団した。そ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)