試合終了の笛が鳴り響くと、ホームスタジアムが歓喜に沸いた。東日本大震災から5年を迎えた節目の翌日の試合。仙台イレブンは声援と重圧を力に変えた。渡辺監督は「選手は被災者の思いを背負ってプレーした。特別...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)