21世紀枠同士の対戦が決まった瞬間、抽選会場はどよめきに包まれた。釜石南時代以来、20年ぶり2度目の出場となる釜石の菊池智主将は、対戦相手の小豆島の印象を「投打に力がある」と話し、「冬に磨いてきた投...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)