東日本大震災から5年となった11日は、スポーツ界でも選手らが犠牲者を悼み、復興を願った。プロ野球楽天は遠征先の静岡市で練習前に黙とう。半旗の下、梨田昌孝監督や主将の嶋基宏ら選手、首脳陣が東北の方角に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)