阪神・淡路大震災の際、長田高校(神戸市長田区池田谷町2)には、約2千人が身を寄せた。周辺の家や店舗の多くも倒壊し、長田神社では鳥居が折れた。  震災から21年。選抜出場が決まった後、近隣住民や卒業...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)