男子日本代表らトップ選手を抱える平林金属ソフトボール部は10日、岡山市内でドーピングに関する研修会を開き、男女の部員ら約40人が薬を服用する上で注意すべき点などを学んだ。  組織的な不正で国際陸連...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)