東北楽天の正遊撃手争いが激化している。哲朗、吉持亮汰(大商大)、茂木栄五郎(早大)といった若手がしのぎを削る中、8日に1軍合流したベテラン後藤光尊が即結果を出して一気に争いのトップに躍り出た。開幕ま...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)