2年前、一人の投手がロッテ浦和寮に入寮した。身長188センチ、体重73キロ。鹿児島から出てきた長身ながら細身の選手は恐る恐る、プロの世界に足を踏み入れた。二木康太投手はプロ野球のレベルの高さに苦しん...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)