愛媛県の砥部町麻生の理正院にある楼門(町指定文化財)の修復工事がこのほど完了し7日、落慶法要があった。寺院によると約500年ぶりの修繕で、約30人の檀家(だんか)らが完成を祝い、門に取り付ける大わら...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)