久米島キャンプから1軍に帯同する投手で最も遅い実戦登板となった松井裕。2年連続で抑えを務める左腕は調整遅れのためエンジン全開とはいかなかったが、九回を1安打無失点と無難に切り抜けた。「試合の雰囲気を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)