地球の歴史を表す地質年代の区切りの目印とされる千葉県市原市の約77万年前の地層を5日、馳浩文部科学相が視察した。国立極地研究所などの研究グループが国際学会での認定を目指しており、認定されればラテン語で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)