二十日開幕の第八十八回選抜高校野球大会に二十一世紀枠で出場する岩手県立釜石高(釜石市)は、東日本大震災で部員らが家族を亡くしたり、自宅を津波で流されたりした。選手らは野球をできる喜びをかみしめて、夢...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)