脱、淡泊―。広島打線が昨季リーグワーストだった三振数(1試合平均7・6)の減少に取り組んでいる。今季はオープン戦など対外9試合の平均三振は4・4。石井打撃コーチは「意識が浸透しつつある」と手応えを感...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)