日本近代文学館は4日、作家 志賀直哉 (1883~1971年)の遺族から原稿や草稿、書簡や写真など1万1886点の寄贈を受けたと発表、その一部を報道陣に公開した。父との不和を叔父に打ち明けた書簡や、細...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)