高知市の春野相撲場の土俵が“国技館仕様”になった。大相撲の呼び出し3人が、3月13日に始まる春場所の準備の合間を縫って大阪から訪れた。ひび割れていた表面の土を、両国国技館と同じ土に入れ替え、俵を交換...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)