群馬県内で招致活動が進む2028年の国体に向けて、県ソフトボール協会(南波和憲会長)がジュニア世代の経済的な支援に乗り出す。  新たに賛助会員を募り、集めた会費を全国大会に出場する小中高校生の県代...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)