さらし姿の男衆が五穀豊穣や無病息災を願い、本尊を拝もうと体を激しくぶつけ合う奇祭「裸押合大祭」が3日、新潟県南魚沼市の普光寺毘沙門堂で行われた。高さ1メートル、重さ30キロほどの大きなろうそくを男衆が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)