練習前のロッカールームで前節・東京V戦を振り返り、通常より5分長めのミーティングが行われた。その中で四方田監督は、「反骨心を持って、こんなんで終わってられないという気持ちをピッチで表現していこう」と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)