奈良市の東大寺二月堂で1日、お水取りの名で知られる伝統行事「修二会(しゅにえ)」の本行が始まった。お堂の舞台に大きなたいまつが登場すると、激しい炎と降り注ぐ火の粉に参拝客が歓声を上げた。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)