広島は1カ月の春季キャンプを終え、シーズンへの準備を整えた。投手陣は大瀬良の離脱で先発ローテーションの再編を余儀なくされた。野手陣は丸、菊池の打撃の質が高まるなど光が見えつつある。対外試合7連勝で自...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)