人工衛星打ち上げと称して事実上の長距離弾道ミサイルを発射した直後の北朝鮮の首都平壌に、10日までに入った。先月の核実験と今月7日のミサイル発射を祝うスローガンが街中に並ぶ。国際社会の高まる非難とは裏腹...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)