福島第1原発事故を防げなかった刑事責任を問われ、東京電力の勝俣恒久元会長(75)ら旧経営陣3人が29日、検察審査会の議決に基づき強制起訴された。有罪立証のハードルは高いとされるが、公開されていなかった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)