オウム真理教による地下鉄サリン事件から3月で21年。やがて現実味を帯び始める死刑判決が確定した元教祖らの刑執行にどう向き合うべきか。被害者の会代表世話人の高橋シズヱさんが、「死刑」に関する被害者や遺族...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)