一番驚いたのは高宮祐樹自身だったろう。五輪選考レースの大舞台「東京マラソン」で、無名の社会人ランナーが日本人1位に躍り出た。「自分のペースで走っていたらトップだった。びっくりです」とあっけらかんと語...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)