積極的に攻めて散った。村山謙太が終盤に力尽き、30位に沈んだ。「流れを持ってこられなかった」。悔しさをあらわにすることなく、気丈に振る舞った。  10キロ付近、1キロ3分を切るペースで刻む外国勢に、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)